神社紹介

御祭神

 天照皇大御神(あまてらすすめおおみかみ)
 豊受大神(とようけのおおかみ)
 神武天皇(じんむてんのう)


由緒

明治20年(1887)5月20日、陸軍屯田兵歩兵第一大隊第三中隊が開拓使札幌本府の北方、新琴似の地に入植し、入地後ほどなく中隊本部(現札幌市有形文化財)の東方、浄泉の湧き出る四神相応の浄地を相してその社地と定め、小規模ながら、天照皇大御神・豊受大神・神武天皇の三柱の神を奉斎する神祠が営まれ、開拓の守護神として御鎮斎されたのが、新琴似神社の創祀である。

明治39年5月19日、奉遷式(奥殿造築)斎行。
大正2年9月21日、奉遷式(社殿御造営)斎行。
大正6年3月3日、内務省より創立許可。
大正14年6月30日、村社列格。同年9月11日、神饌幣帛料供進神社指定。
昭和6年12月25日、社務所新築竣功。
昭和28年2月27日、北海道より宗教法人(神社本庁包括)認証。
昭和40年10月20日、本殿遷座祭(社殿・社務所改築)斎行。
同年11月8日、奉祝臨時大祭斎行。同年11月18日、祖霊殿鎮座祭斎行。
昭和60年9月15日、社務所改築竣功。
平成18年9月19日、本殿遷座祭(社殿・社務所増改築)斎行。
同年9月23日、祖霊殿遷座祭斎行。
平成19年6月20日、御鎮座百二十周年記念大祭斎行。
平成27年9月23日、祖霊殿鎮座五十年式年大祭斎行。

氏子世帯数35,000世帯・崇敬者数100,000人。