夏越の大祓

来る6月30日に斎行される夏越の大祓に先立ち、御社殿前に茅の輪を設置します。

大祓(おおはらえ)とは、古来より伝わる儀式で、毎年水無月(6月)と師走(12月)の晦日に行われます。この儀式に於いて、私たちが知らず知らずの内に犯してきた罪穢れを祓い、心身共に清らかに大暑と新春を迎えます。

茅の輪(茅の草で作られた大きな輪)は、くぐることにより、罪穢や疫病が祓われるといわれており、『備後国風土記』の蘇民将来伝承からきていると云われています。

くぐり方は、茅の輪の正面にて一礼した後、左まわり・右まわり・左まわりと、八の字を書く様に三度くぐり抜けます。こうして、心身ともに清らかに、後の半年間を新たな気持ちで迎えます。

【設置期間】6月下旬(予定)~7月初旬
【祭  典】6月30日 午後3時斎行
     ※一般の方の御参列は出来ません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)