新琴似神社鎮座百三十年式年大祭記念事業奉賛のお願い

当神社は、天照皇大御神・豊受大神・神武天皇の三柱を奉斎して、明治20年5月20日に創祀し、当地域の守護神として尊崇され、来る平成29年は記念すべき、鎮座130年式年大祭が斎行されます。この慶事を迎えるに当たり、社頭一層の尊厳護持に関わる記念事業を下記の通り計画しております。
つきましては、時節柄何かと御多端の事と存じますが、何卒右趣旨を御理解・御賢察下さいまして、格別の御奉賛と御支援をお願い申し上げる次第で御座います。

一、鎮座130年式年大祭 平成29年6月5日(月・先負)午後2時30分斎行予定
二、記念事業予算:募財1500万円、自己資金2500万円
1、社殿・社務所補修工事      :2250万円(社殿飾金具増設、社務所外装補修・屋上防水・内装張替他)
2、社号標新設既存移設工事 : 250万円(明治神宮 宮司 中島精太郞 様による揮毫)
3、駐車場整備工事       :1500万円(舗装・排水溝新設)
三、記念事業奉賛金を以て奉賛会員としてご待遇申し上げます。
会員種別は表をご参照下さい。
130hyouクリックで拡大
四、申し込み及び納金方法
・振込口座は下記のいずれかよりお選び下さい。
名義:宗教法人新琴似神社
*郵便振替  記号02700 口座番号102339
*北洋銀行新琴似支店  普0351223
*札幌市農業協同組合新琴似支店  普0515910
・直接ご持参の向きは社務所にて受け付けております。
・パンフレットもご用意しております。
ご不明な点は社務所までお問い合わせ下さい。

○参考資料
DSC_6919            6912
旧社号標                新社号標 完成予想図

 

DSC_6918
駐車場 工事前

春の大祭

本年も春の大祭を下記の通り斎行致します。
氏子地域を巡幸する神輿渡御。
そして、境内特設ステージでは、地元の学生の皆さんのダンスや吹奏楽演奏や、演芸、
さらに本年は新琴似に拠点を構える音楽制作事務所、NORTHTRACK(ノーストラック)様によるライブが予定されています。
例年大変な賑わいを頂いている露店も並びます。
どうぞお気軽にお越し下さい。

こうしたお祭は氏子崇敬者及び地域の皆様から御協力により斎行しております。
つきましては本年も、祭典寄附金をお願いしております。
社務所にて御案内の配布及び受付をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
皆々様の御賛助、地域のお祭りへのお力添えの程、心よりお願い致します。

(祭儀)
5月19日  午後 6時00分     宵宮祭(浦安の舞奉奏)
5月20日  午前 9時00分     例祭(引き続き神輿渡御)
5月21日  午前10時30分     後鎮祭

(舞台)
5月19日 午後4時00分~午後5時00分  奉納「新琴似小学校ミニ児童会館ダンスクラブ」演舞
同     午後5時30分~午後6時00分  奉納「新琴似中学校吹奏楽部」演奏
同     午後7時00分~午後8時00分  奉納「ノーストラック」スペシャルライブ
20日   午後2時00分~午後4時00分  演芸「日本の民謡・津軽三味線の響き」昼の部
同     午後6時00分~午後8時30分  演芸「日本の民謡・津軽三味線の響き」夜の部

(露店)
19日 午後1時00分頃~午後8時30分頃まで
20日 随時開店~午後8時30分頃まで

 

DSC_5871   DSC_58852