服忌について

年の瀬が近くなるにつれ、身内に不幸があった場合の新年の迎え方について、多く質問を頂きます。

そこで今回は服忌について説明致します。

 

古くより日本には、家族や親族に弔事があった場合、故人の御霊(みたま)の御安鎮をお祈りすると共に、その不幸を乗越える節目として、一定期間行動を慎む慣習があり、それが「忌中」と「喪中」です。

 

昨今二つが混同され使用されていますが、二つにはどのような違いがあるのでしょうか。

それぞれの意味としては以下のようになります。

 

❍忌中

・故人の死を悼み、御霊を鎮める期間

・神事やお祝い事等の華やかな行事への出席、行動を控えて慎んだ生活を送ります。

〔忌中期間〕

父母・配偶者・子;50日

祖父母・孫・兄弟;30日

曾祖父母・曾孫・伯叔父母・甥姪;10日

その他親族;3日

 

❍忌中の神事

・お葬式を出された場合

家庭で弔事があった場合、神棚の正面に白紙を貼りお参りは控え、忌中期間を明けた後、白紙を外し、通常通りお参りします。

忌中期間を過ぎていれば神事や正月行事は通常通り行います。期間内の場合、明けた後に神社に詣で、新しいお札を受けます

 

・親族にご不幸があった場合

(別居の)親族に弔事があった場合、その個人は喪に服しますが、家自体は忌中とはなりませんので、神棚やお札は平常通りをおまつりします。

上記の忌中期間の対象外の場合は普段通り神事を行ってください。

 

❍喪中

・忌明け後、身を慎みつつも悲しみを乗越え、元の生活に戻す期間

・基本的に通常通りの生活を行います。

・神事も通常通り行い、正月も華美な飾りを控えて頂ければ、例年通り新年をお迎え頂いて結構です。

・一般的に約1年といわれております。

 

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

明くる年をお健やかにお迎えできます事を御祈念申し上げます。

厄祓祈願・家内安全祈願のご案内

平成28年の厄祓祈願と家内安全祈願を平成28年2月3日に行います。
厄年は古来より人生の節目であり、自身の心身そして社会的にも大きな事が起こりやすい年とされています。
厄年に当たる方は、御祈祷をお受けになり、神様の御加護の下に清々しい気持ちで一年お過ごし下さい。
また該当しない方には、一年の家の安泰を祈願する、家内安全祈願を行っております。

・日 時;平成28年2月3日 午前9時から午後6時迄

・初穂料;祈願1件5000円(家内安全祈願は家族1名増える毎に1000円加算)

・2月3日のみ受付時間内は随時受付、他の日をご希望の場合は要予約

h28

画像クリックで拡大