御大典記念事業御奉賛のお願い

明年、天皇陛下の御譲位により5月1日に皇太子殿下が御即位され、新元号のもと御代替わりとなります。
その後、来秋に執り行われます御大典の諸儀式、即位礼・大嘗祭・大饗は、皇位継承のために欠かすことの出来ない重要な皇室の伝統儀式であると共に、日本文化の真髄であると言えます。
そして、この伝統文化を絶やすことなく後世に伝えることは、私達の大切な務めであります。
新琴似の先人達は、御大典の奉祝事業として、昭和の御代には昭和3年に石灯籠を、平成の御代には平成2年に手水舎・由緒制札を奉納されております。この度、明年御大典を奉祝するに当たり、拝殿向拝と階段の改修、また秋の災害で倒壊した鳥居の再建を計画し、御神徳の顕揚に務めたく、事業費の一部を御奉賛賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

詳細は下記の通りとなります。

一、この事業は神社自己資金にて行いますが、拝殿向拝の石柱の御寄進を以て、
総事業費用の一部として充当させて頂きます。
〇拝殿向拝の石柱(御影石製)
・小柱 五十五柱 151×151×666(mm)
・大柱  十四柱 272×272×939(mm)
〇御奉賛金額(数に限りがあるため、先着順を御容赦願います。)
・小柱一柱  10万円
・大柱一柱  20万円
石柱の社殿面に、御奉賛者の御芳名を彫刻して顕彰します。
設置位置につきましては、責任役員会に御一任願います。

※お申込みは、社務所へ御連絡下さいます様、お願い致します。
【電話番号】(代)(011)761-0631
【奉務時間】午前9時から午後5時まで

〇記名例 一柱に一名または一社の記名となります。

〇鳥居倒壊前後

 

 

 

 

 

〇拝殿向拝・階段改修予定図

厄祓祈願・家内安全祈願祭のご案内

平成31年の厄祓祈願祭と家内安全祈願祭を平成31年2月3日に行います。
厄年は古来より人生の節目であり、自身の心身そして社会的にも大きな事が起こりやすい年とされています。
該当される方は、御祈祷をお受けになり、神様の御加護の下に清々しい気持ちで一年お過ごし下さい。
また該当しない方には、一年の家の安泰を祈願する、家内安全祈願を行っております。

 

・日 時;平成31年2月3日 午前9時から午後6時迄

・初穂料;厄除又は家内安全、願い事1件につき5000円(家内安全祈願は家族1名増える毎に1000円加算)
例:4人家族(1名厄除、3名家内安全)の場合
厄除(5000円)+家内(5000円+1000×2名様分=7000円)
計  12000円

・2月3日のみご予約必要なく随時受付にて執り行います。他の日をご希望の場合は要予約。

 

※年齢は数え年にて執り行います。

年末年始のお知らせ

【御神札(おふだ)について】
新年を迎えるのに際し新しいお札をお受けすることには、
新たにみずみずしいお力を頂戴し、その年一年のご加護を祈願するといった意味があります。
これは「行く年に感謝を。来る年に祈りを。」という、古来からの日本人の心を受け継いだ美しい習慣です。
新しいお札をお祀りし、新年をお迎えしましょう。
平成31年の新しい御神札は、平成30年12月1日より授与所にて頒布をしております。

【奉務時間(社務取扱時間)について】
年末年始は下記の通りとなります。

12月29日迄    午前9時から午後5時迄
30日・31日    午前8時から午後6時迄
1月  1日     午前0時から午後7時迄
1月  2日・3日  午前8時から午後6時迄
1月  4日以降   午前9時から午後5時迄

【御祈祷について】
元日特別昇殿祈願
(受付)
1月1日午前10時~午後5時
(初穂料)
個人 1万円より
法人 3万円より
※一般の昇殿祈願は1月2日より受付となります。(要予約)

秋の大祭

本年も秋の大祭を斎行致します。
境内には露店も出店し例年大変な賑わいを頂いております。
どうぞお気軽にお越し下さい。

また秋のお祭りも春の大祭と同じく氏子崇敬者及び地域の皆様から御協力を賜り斎行しております。
つきましては本大祭につきましても、祭典寄附金をお願いしております。
社務所にて御案内の配布及び受付をしております。
皆々様の御賛助、地域のお祭りへのお力添えの程、心よりお願い致します。

【祭儀】
9月20日  午前10時00分     馬魂祭
同      午前10時30分     戦歿者慰霊祭
同      午前11時00分     秋季大祭
9月21日  午前10時30分     後鎮祭

【露店】
19日 午後1時00分頃~午後8時30分頃まで
20日 随時開店~午後8時30分頃まで

※地震の影響により、変更になる可能性もあります。お含み置き下さい。

七五三詣

七五三詣のご祈祷を執り行います。
七五三詣は3歳の男女、5歳の男子、7歳の女子が氏神様に参拝し、健やかな成長を祈願する儀式です。
全国的には11月15日が、徳川五代将軍綱吉の嫡子である徳松が神社に参詣したことにより七五三の日とされています。
(北海道では気候の関係から1ヶ月早い10月15日に行う習慣があります。)

本年は下記の期日にてご予約必要無く、随時受付にて執り行います。
ご不明な点はお電話にてお問い合わせ下さい。

○期日    10月13日(土)、14日(日)、15日(月)
○受付時間  午前9時から午後5時まで
○初穂料   1名5000円

※受付が終了し、先に行われている御祈祷が終了し次第随時のご案内となります。
※受付時間によって、他の御家族と御一緒のご案内となる事もあります。
※上記期日以外をご希望の場合はお電話にてご予約下さい。
(受付時間 午前9時から午後4時30分まで)

※本来は数え年にて参拝しますが、過ぎてしまった場合は満年齢でも受け付け致します。

夏越の大祓

来る6月30日に斎行される夏越の大祓に先立ち、御社殿前に茅の輪を設置します。

大祓(おおはらえ)とは、古来より伝わる儀式で、毎年水無月(6月)と師走(12月)の晦日に行われます。この儀式に於いて、私たちが知らず知らずの内に犯してきた罪穢れを祓い、心身共に清らかに大暑と新春を迎えます。

茅の輪(茅の草で作られた大きな輪)は、くぐることにより、罪穢や疫病が祓われるといわれており、『備後国風土記』の蘇民将来伝承からきていると云われています。

くぐり方は、茅の輪の正面にて一礼した後、左まわり・右まわり・左まわりと、八の字を書く様に三度くぐり抜けます。こうして、心身ともに清らかに、後の半年間を新たな気持ちで迎えます。

【設置期間】6月下旬(予定)~7月初旬
【祭  典】6月30日 午後3時斎行
     ※一般の方の御参列は出来ません

春の大祭

本年も春の大祭を下記の通り斎行致します。
氏子地域を巡幸する神輿渡御。
そして、境内特設ステージでは、地元の学生さんによるダンスや吹奏楽演奏や、演芸などの楽しい催しが予定されています。
さらに本年も、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭など道内各地で活動されている、
Estudio Buena Onda(エステュディオ ブエナ オンダ)の皆さんによるキューバダンスのステージも予定されております。
例年大変な賑わいを頂いている露店も並びます。
どうぞお気軽にお越し下さい。

当社のお祭は氏子崇敬者及び地域の皆様から御協力により斎行しております。
つきましては本年も、祭典寄附金をお願いしております。
社務所にて御案内の配布及び受付をしております。
皆々様の御賛助、地域のお祭りが継続出来ます様、お力添えの程心よりお願い致します。

【祭儀】
5月19日  午後 6時00分     宵宮祭
5月20日  午前 9時00分     例祭(引き続き神輿渡御)
5月21日  午前10時30分     後鎮祭

【舞台】
5月19日 午後2時00分~午後3時00分  奉納「新琴似小ドリームチアダンサーズ・けんだまSTARS」演舞
同     午後3時00分~午後4時00分  奉納「新琴似中学校吹奏楽部」演奏
同     午後7時00分~午後8時00分  奉納「キューバダンスショー」
20日   午後2時00分~午後4時00分  演芸「日本の民謡・津軽三味線の響き」昼の部
同     午後6時00分~午後8時30分  演芸「日本の民謡・津軽三味線の響き」夜の部

【露店】
19日 午後1時00分頃~午後8時30分頃まで
20日 随時開店~午後8時30分頃まで

 

DSC_5871   DSC_7071 (2)

厄祓祈願・家内安全祈願祭のご案内

平成30年の厄祓祈願祭と家内安全祈願祭を平成30年2月3日に行います。

厄年は古来より人生の節目であり、自身の心身そして社会的にも大きな事が起こりやすい年とされています。

厄年に当たる方は、御祈祷をお受けになり、神様の御加護の下に清々しい気持ちで一年お過ごし下さい。

また該当しない方には、一年の家の安泰を祈願する、家内安全祈願を行っております。

 

 

 

 

・日 時;平成30年2月3日 午前9時から午後6時迄

 

・初穂料;厄除又は家内安全、願い事1件につき5000円(家内安全祈願は家族1名増える毎に1000円加算)

例:4人家族(1名厄除、3名家内安全)の場合

厄除(5000円)+家内(5000円+1000×2名様分=7000円)

計  12000円

・2月3日のみご予約必要なく随時受付にて執り行います。他の日をご希望の場合は要予約。

 

古神札焼納祭

皆様の1年間の無病息災をお祈りする儀式、古神札焼納祭を執り行います。

しめ縄・しめ飾りをお納め下さい。

平成30年は下記日時にて執り行います。

 

平成30年1月14日(日)、15(月)

両日 午前9時から午後4時迄

 

【注意事項】

・期日、時間外の受付は一切行っておりません。

あらかじめの郵送や・お預かりも全てお断りしております。

・近年、受付時間外に境内にしめ縄等を放置されていく方がいらっしゃいます。

放火等、重大な事件事故の原因となります。そういった行為は行わないよう強くお願いします。

・環境配慮の為、プラスチックや不燃物は取り外してお持ち下さい。

・こちらは焼却行事ではなく、厳粛な神事です。ご不要な日用品等のお引き取りはしておりません。

・お札・御守りはお受けになられた神社にお返し下さい。

受けられたお宮に返納し、参拝をして感謝申し上げるの古くからのしきたりです。

・神棚や宮形は社務所にてお焚き上げを受付しております。

 

※注意事項をお守り頂けない場合、今後の祭事の継続にも影響が出かねません。
御理解の程お願い申し上げます。

 

(受付品目)

❍可能 ;当社で頒布した御神札・御守・御神矢・熊手等の授与品、しめ縄・しめ飾り
✕不可能;不燃物、餅、みかん、人形、だるま、結納品、衣類、写真、のし袋、年賀状、仏具等他宗教のもの、その他日用品

?処分でお困りのものの取り扱い例
1,塩をかけてお清めをし、一般廃棄物として処分
2,お焚上専門業者に依頼する

年末年始のお知らせ

【御神札(おふだ)について】
新年を迎えるのに際し新しいお札をお受けすることには、
新たにみずみずしい生命の力を頂戴し、その年一年のご加護を祈願するといった意味があります。
これは「行く年に感謝を。来る年に祈りを。」といった、古来からの日本人の心を受け継いだ美しい習慣です。
新しいお札をお祀りし、新年をお迎えしましょう。
平成30年の新しい御神札は、平成29年12月1日より授与所にて頒布を始めます。

【奉務時間(社務取扱時間)について】
年末年始は下記の通りとなります。

12月29日迄    午前9時から午後5時迄
30日・31日    午前8時から午後6時迄
1月  1日     午前0時から午後7時迄
1月  2日・3日  午前8時から午後6時迄
1月  4日以降   午前9時から午後5時迄

【御祈祷について】
元日特別昇殿祈願
受付  1月1日午前10時~午後5時
初穂料 個人 1万円より
法人 3万円より
※一般の昇殿祈願は1月2日より受付となります。(要予約)